自動車買取相場

まあナビの案内もひどかった。 高速をUターンさせたり、歩行者専用道路を案内したりといったことがあるらしい。 俺も、名阪国道で、すべてのインターで一回降りて、 またそこから乗れというステキな案内をされたことがある。 その後も「自称改善」されていき、Ver33.1まできているらしい。 というのも、自分は31で止めているからだ。33には33なりの不具合があるらしいので。 あと、マツダから33の案内が来ていない。 ナビはその後どうですかと聞かれ、いつも通りですと答えたらスルーされた。 文句を言う人にはバージョンアップしているのだろう。 ディーラーもかわいそうである。毎月のようにバージョンアップという名の 意味の無い作業をやっているのだ。 33になってもすべての症状が改善されているわけでもなく、マシになった程度だそうだ。 逆に触らなくていいところまで触られて、不便になっていることも。 これらの事態にネット住民はブチ切れ、公式HPのユーザーボイスにも 散々なコメントを書かれる始末。 しかし、マツダもヤバイと思い出したのか鬱陶しいと思い出したのか、 ユーザーボイスから悪いコメントが消されていったのだ。情報操作ですよ。 これにまたしてもネットユーザーはブチ切れ。 1DINや2DINのナビを後付けできるならまだしも、マツコネというシステムがあるがために、 強制的にこのゴミのようなナビしか使えないことがまたユーザーのイライラを募らせたのだ。 マツコネのディスプレイの前にスマフォを置いて、 googleナビ?か何かを表示させる人も出てきた。 ナビは地図がわりにしか使っていない自分にはそれほどのダメージはなかったが、 ナビに過剰な期待をしているユーザーには我慢できなかったようだ。 ナビを理由で売り払った人まで出てきたのだ。 車はいいのに、ナビがすべてをぶち壊し。 そんなAXELAの唯一の希望であったのが、昨年秋のデミオの発売。 当然これにもマツコネが搭載される。 ここで大幅に仕様変更されたものが搭載されるとの希望があったのだが、 その夢は無残にも砕け散る。 Ver33.1だったのだ。 要するにまだ問題山積みのものを乗せてきたのだ。 今までは販売数の少ないAXELAの問題だったナビだが、 販売数が多いデミオにまでこのマツコネナビ問題が持ち越されたのだ。 当然ユーザーも増え、ネットでは文句があふれる。 試乗車に乗ると、SDが抜かれていてナビが使えない状態になっているという話まで出る始末。 もう完全に終わってしまった・・・ そんなAXELA、デミオユーザーの次なる希望は今年の年明けすぐにあった。 アテンザとCX-5のマイナーチェンジだ。