自動車買取相場

約6年、9万km弱で手放すことにした。 車中泊に向いているし、燃費はいいし、足回りもばっちりだったのに、 トランスミッションがCVTなのが×だった。 マニュアルモード付なら、と思っていたが ハンドルと一緒に回るパドルでの変速は山道では使いにくい。 そのCVTが8万kmを超えたあたりから調子が悪くなりだし、 クラッチが滑る感じ、ニュートラルから急にクラッチを繋いだようなガクガク感が顕著になってきた。 ディーラーに相談したがその時は現象が出ず、 別の不具合対策(プラグの失火)で様子を見ることに。 急に止まりそうになる現象は改善されたものの、CVTの違和感は治まらなかった。 それから数ヶ月、大町でのガイド説明会の帰りにディーラーによって相談したところ 長期入院で解析するとのことだった。 ところが現象を知った工場長から電話があり CVTのオイル交換で多少の改善は期待できるらしいが、次回はまた3万キロで交換、その次は2万キロ、というように交換周期が短くなるそうだ。 そしてそのたび1〜2万円。 ガクガク感はオイルを制御するバルブの交換で改善できるかも、とのこと。4万円弱。 すぐにどうこうなるわけではないというので、次の車検で修理というつもりでいたが やはりCVTにはご縁がなかった、ということで悲しいけれども手放した。 ミッションがMTだったら最強だったのにな。 強いて難点を上げるとすれば、 後部座席の足元がフルフラットにすると荷物が置けなくなるのと リアビューのモッサリ感かな。 俺の好みの問題で、エアに責任はないので(不具合はあるが)お別れに温泉に行ってきた。 片道360km、新潟にあるお気に入りの温泉まで。 温泉近くに車を止めて、温泉の施設で生ビール!もよかったが、 それじゃお別れドライブにならないのでスーパーで弁当と酒を買い込んで、道の駅で車中泊。 これで何十泊目だろうか。 ところが想像以上に蒸し暑く、閉め切って寝られなかった。 雨だったので窓を少し開けたら蚊にやられた。 虫よけを作動してどうにか寝た。 帰りに福島のお気に入りの温泉に寄ったら、工事のため当面の間使用不可となっていた。 この温泉はお気に入りトップ3に入るのにショックだった。 温泉はあきらめて、帰りに山菜を買ってエアとお別れした。 今回は平日だったのでお見送りしなかったが、走り去るのを見送るのはツラいので良かったかな。 今まではほぼ廃車だったが、今回は中古車として出るかもしれない。 希少な青だから、でればわかりそうだな。 お別れドライブでの燃費は、表示で18.1km/lだった。満タン法なら-1キロくらいか。 満タン法で、夏の遠出なら15〜17km/lくらい、夏の通勤で13〜15km/l、 冬はこれより1km位悪かった。 スピードが出ないのでゴールド免許になった。